保険診療原因がハッキリしている急性的な痛みの方へ

田所接骨院では保険を使う治療(保険診療)と保険を使わない治療(自費診療)の2つあります。

保険診療とは

保険診療は、各種健康保険を利用して行なう治療ですが、接骨院で保険証が使える症状には限りがあります。

医師や柔道整復師(接骨院の先生)の診断により、急性又は亜急性の外傷性の骨折、脱臼、打撲及び捻挫(肉離れを含む)で、内科的原因による疾患ではないものに保険が適応されます。

※急性:瞬間的な力によって発生したもの
※亜急性:繰り返しの反復作業で起こったもの

接骨院で健康保険が使える場合

医師や柔道整復師に、打撲及び捻挫(肉離れを含む)、骨折、脱臼等と診断、施術を受けた時。
筋肉・関節・骨のケガや痛みで、その負傷原因がはっきりしている時
≪主な負傷例≫
日常生活やスポーツ中に膝を捻ったり、重い物を持った時に腰痛がでたとき

健康保険の対象にならないものの例

単なる(疲労性・慢性的な要因から来る)肩こりや筋肉疲労改善目的の施術(リラクゼーション含む)
保険医療機関(病院や診療所・接骨院)で同じ負傷等の治療中のもの
労災保険が適用となる仕事中や通勤途上での負傷(当院は、労災指定・指名機関ですので、労災保険を利用した治療が可能です。)

自費診療とは

原因のはっきりしない症状、その他保険の適応外の症状に対する治療で、全額自己負担となります。
当院の自費診療は

  • マッサージ治療
  • 酸素カプセル

があります。
詳しい料金については、治療費案内ページをご覧ください。

診療の流れイメージ

受付
初診の方には問診票にご記入頂きます。
※初診・再診の方は保険証をお持ちください。
(症状によっては健康保険証が使用できないことがあります)

問診・検査
ご記入頂いた問診票の情報を元により詳しくお体の状態を確認し、治療方針を決定します。

施術
お体の状態に合った治療を行います。

術後の説明
日常生活の注意点など今後のアドバイスをさせて頂きます。