体の老化を防ぐ抗酸化ビタミンで、美肌効果も期待!!!

ストレスの多い現代人に不足しがちな栄養素のひとつ「ビタミンC」。

体の老化を防ぐ抗酸化ビタミンで、美肌効果も期待できます。

 

今回は、そんな「ビタミンC」についてご紹介します。

 

 

 

■ビタミンCとは

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ビタミンCは、別名「アスコルビン酸」と呼ばれる水溶性のビタミンです。

 

酸化を防ぐパワーが強く、美容と健康のためになくてはならない栄養素です。

酸化防止剤として食品に使われることも多くあります。

食品の成分表示でアスコルビン酸という名前を見かけますよね。

 

人間は体内でビタミンCを作り出すことが出来ないため、

食べ物などから取る必要があります。

 

成人の1日摂取基準は100mgです。

 

 

■ビタミンCの働き

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

(1)酸化を防ぐ(抗酸化作用)

老化や病気の原因となる活性酸素から、私たちのカラダを守ってくれます。

活性酸素は、タバコや紫外線、ストレスなどによっても発生します。

 

(2)コラーゲンの生成

コラーゲンの生成に欠かせません。

皮膚や粘膜、血管を丈夫にし、美容に効能があります。

 

(3)腸で鉄分の吸収を高める

鉄や銅などのミネラルの吸収を高めてくれます。

ヘモグロビンの合成にも役立ちますので、貧血予防にも◎。

 

(4)免疫力を高める

白血球の働きを助け、免疫力を高めてくれます。

風邪をひきにくく、回復も早まります。

 

その他にも、メラニン色素の生成抑制、シミやそばかすの予防、

発がん物質の抑制、といった作用があります。

 

 

 

■ビタミンCはこんな方におすすめ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

・シミやそばかすが気になる方

・貧血気味の方

・歯ぐきから出血しやすい方

・よく風邪をひく方

・タバコを吸う方

・ストレスの多い方

・妊婦さんや授乳中の方

・老人性白内障を予防したい方

 

以上の項目に当てはまった方は、

積極的にビタミンCを取ることをおすすめします。

 

 

 

■ビタミンCの多い食材

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

野菜(小松菜、キャベツ、大根、ブロッコリー、ピーマン など)

果物(レモン、イチゴ、アセロラ など)

イモ類(じゃがいも、サツマイモ など)

豆類、蓮根 など

 

 

同じ野菜でも、旬の時期のほうがビタミンCがたっぷり含まれています。

また、捨ててしまいがちな野菜の外葉や芯の部分に、実はビタミンCが

多く含まれています。

 

水溶性であるビタミンCは調理過程で水に溶け出していくため、

水を使わない加熱調理や、できるだけ茹で加熱を短時間にするなどの

工夫をしましょう。

 

イモ類や蓮根に含まれるビタミンCはデンプン質に守られているため、

損失しにくいという特徴があります。

 

 

 

■ビタミンCの上手な取り方

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ビタミンCは 【1日数回に分けて】 【食後に取る】 ことが、

吸収されやすく効率が良い方法です。

 

ビタミンCの血中での抗酸化作用の持続時間は2~4時間程度です。

そのため、数回に分けて取ることをおすすめします。

 

また、空腹時は吸収速度が速いのですが、過剰分はすぐ尿として

排泄されてしまうため、食後に取るのがよいでしょう。

 

 

 

毎日の食生活に、ビタミンCを上手に取り入れましょう♪

 

 

 

それでは、今回のレシピをご紹介します。

 

——————————

 

■じゃがいものおつまみガレット

 

レシピ写真はこちら↓

https://caregohan.jp/recipe/detail.aspx?id=210

 

(1人分)エネルギー126kcal、食物繊維1.5g

 

 

-材料(2人分)-

 

・じゃがいも:2個

・ドライトマト:10g

・片栗粉:大さじ2

・塩:少々

・オリーブオイル:適量

・パセリ:適量

 

 

-作り方-

 

  1. ドライトマトは、少量の水で少しやわらかくなるまで戻してから粗く刻みます。

 

  1. じゃがいもは芽を取り皮ごとせん切りにして、すぐに片栗粉を混ぜておきます。

 

  1. “2”に”1″を混ぜ込みます。

 

  1. フライパンにオリーブオイルを温め、”3″を10cm程度の大きさに広げます。

ヘラで押しつけるようにしながら両面を焼き、軽く塩を振りパセリを飾ります。

 

 

-ポイント-

あと一品欲しいとき、おつまみにもなる簡単レシピです。

じゃがいものビタミンCは、損失しにくいのが特徴です。

——————————

 

関連記事

  1. 『Richesse(リシェス)No.25』で紹介されました!…

  2. 大丈夫ですか?熱中症!!!

  3. 玄米酵素 管理栄養士の内糸さんからです!

  4. 発酵学の権威・小泉武夫先生が運営する「丸ごと小泉武夫 食 マ…

  5. いま注目を集めている成分【フェルラ酸】をご存知ですか?

  6. 11月1日発行の雑誌『STORY(ストーリィ)』2018年1…