玄米酵素 管理栄養士の内糸さんからです! ここがすごい!玄米の健康力!!!

「玄米は身体にいい」ということはなんとなく知っているけれど、どうしていいのか、

改めて聞かれるとよくわからない人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、玄米食がよい理由を解説します。

 

■ここがすごい!玄米の健康力

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

(1) 食物繊維不足を補える

玄米は白米の約5倍の食物繊維が含まれています。

 

(2) 野菜不足を補える

現代の日本人は、ビタミンやミネラルが不足気味。

玄米には健康に必要な栄養素が40種類以上含まれています。

 

(3) 美容に役立つ成分を含む

美容に役立つビタミンB6、ビタミンE、フェルラ酸などの成分が含まれています。

 

(4) 糖分を控えたい方に役立つ

玄米は白米よりも糖の吸収が穏やかです。

 

(5) 体重管理に役立つ

 

(6) 脂肪が気になる方に役立つ

 

(7) 世界の研修者や医者も注目する健康成分を含む

フェルラ酸、IP6(フィチン酸)、GABAなど

 

 

*「玄米食がよい理由」ついて、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください↓

https://www.genmaikoso.co.jp/company/eat.asp

 

*話題の成分「フェルラ酸」について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください↓

https://www.genmaikoso.co.jp/cultivate/web/detail.asp?id=2

 

 

■白米は粕(カス)!?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

玄米は、胚芽や表皮が残っている状態の米です。

胚芽や表皮を削って精米したのが白米。

玄米に含まれている栄養素の多くは、精米するときに削ぎ落とされてしまいます。

漢字の「米」に「白」と書いて「粕(カス)」

米を白くすれば、栄養的には「カス」になることが、漢字から読み取ることができますね。

玄米ごはんは、白米ごはんと比べると食物繊維は5倍、ビタミンB1は8倍、ビタミンB6は10.5倍、ナイアシンは14.5倍も含まれています。

 

栄養比較グラフはこちら↓

http://www.genmaikoso.co.jp/data/mailmagazine/20181017-01.jpg

 

 

■手軽にとれる玄米食「玄米酵素」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「玄米が身体にいいのはわかっているけど、続かない・・・」

「玄米は炊くのが面倒・・・」

「玄米は消化が悪い・・・」

 

・・・という方にオススメなのが、炊く煮るなどの調理不要の”手軽な玄米食”「玄米酵素 ハイ・ゲンキ」です。

 

玄米を消化・吸収しやすくするために、麹菌で発酵。

各種酵素が生まれ、食べたものの分解を助けてくれます。

 

個包装タイプなら外出や旅行などの持ち運びに便利!

いつでもどこでも、手軽に玄米ライフをお楽しみいただけます。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

*参加者全員に、玄米酵素ハイ・ゲンキのサンプルをプレゼント♪*

 

(株)玄米酵素の創業記念月間である10月は全国各地で多くの「食と健康セミナー」を開催します。

 

年間10万人以上の方が参加してくださっている玄米酵素のセミナー。

ぜひこの機会にご参加ください。

 

  • 開催日時、場所等、詳しい内容は玄米酵素ホームページでご確認ください。

http://www.genmaikoso.co.jp/cultivate/seminar/

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

 

それでは、今回のレシピをご紹介します。

 

——————————

 

■きのこごはん

 

レシピ写真はこちら↓

https://caregohan.jp/recipe/detail.aspx?id=4

 

(1人分)エネルギー298kcal、塩分1.4g

 

-材料(4人分)-

 

・玄米:2カップ

・だし汁:2と1/2カップ

・なめこ:1/2パック

・しめじ:1/2パック

・生椎茸:2枚

・えのき茸:1/2パック

・にんじん:60g

・醤油:大さじ2

・みりん:大さじ1

 

-作り方-

 

  1. 玄米を洗い、水気を切ります。

 

  1. なめこはざるに入れてサッと洗い、水気を切ります。

他のきのこは石づきを取り、しめじは小房に分け、生椎茸は薄切りにし、

えのき茸は3つに切ります。にんじんは短く太めのせん切りにします。

 

  1. 調味料と”2″を合わせます。

 

  1. “1”の玄米にだし汁と”3″を加え、30分おきます。

 

  1. 圧力鍋で炊き上げます。

 

-ポイント-

鍋の種類やお好みによって、水分量を調節してください。

 

ごはんの上に、茹でた銀杏や型抜きにんじんを飾ると綺麗です。

木の実を加えて炊いたり、他の食材でも作ってみるのも◎。

 

きのこは免疫力アップの調整役、グルカンを含んでいます。

また、きのこは大豆と組み合わせると血液サラサラ効果が高まると言われており、味噌汁などと一緒に食べるのをオススメします。

——————————

 

株式会社玄米酵素 管理栄養士 内糸恵理

 

 

★健康レシピが300以上!美容やダイエットなどのテーマ別食事法もわかる

自然食レシピサイト『ケアごはん』もご覧ください!

http://caregohan.jp/sickness/

 

★玄米酵素公式Facebookページはこちら

http://www.facebook.com/genmaikosoinc/

 

★玄米酵素公式Instagram(インスタグラム)はこちら

https://www.instagram.com/genmaikoso_official/

 

★玄米酵素LINE公式アカウント

https://line.me/R/ti/p/%40rwp1794k

 

 

 

関連記事

  1. 体の老化を防ぐ抗酸化ビタミンで、美肌効果も期待!!!

  2. 玄米酵素 管理栄養士の内糸さんからです!

  3. 11月1日発行の雑誌『STORY(ストーリィ)』2018年1…

  4. 大丈夫ですか?熱中症!!!

  5. ロコモの予防には、栄養改善のほかに運動も大切です!!!

  6. 『Richesse(リシェス)No.25』で紹介されました!…