いま注目を集めている成分【フェルラ酸】をご存知ですか?

いま注目を集めている成分【フェルラ酸】をご存知ですか?

 

強い抗酸化作用があり、アンチエイジングのためにも

積極的に取りたい成分です。

 

年を重ねるにつれ「あれ?」と思うことが増えて

悩んでいる方にもおすすめです。

 

 

 

■フェルラ酸とは

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

フェルラ酸は、植物の細胞壁などに含まれる成分で、

植物性化学物質“ファイトケミカル”の一種です。

 

強力な抗酸化作用を持つため、酸化防止剤や変色防止剤などの

食品添加物として広く利用されています。

 

またシミ予防、美白効果が期待され、紫外線カットの化粧品原料としても

利用されています。

 

 

 

■フェルラ酸の効果

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

(1) 脳の神経細胞を保護

脳の酸化を防ぎ、神経細胞を保護・修復することから、

学習記憶の向上や認知症に対する働きが期待されています。

 

(2) 美白・美肌効果

有害な紫外線を吸収し、肌のシミやくすみの原因である

メラニンの生成を抑えます。

 

(3) 生活習慣病の予防

活性酸素から身体を守り、生活習慣病の予防に役立ちます。

大腸がんの発生抑制、血圧降下作用、血糖値降下作用が

期待されています。

 

 

 

■フェルラ酸の多い食材

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

玄米や米ぬか、小麦のフスマなどに多く含まれています。

白米にはわずかしか含まれていません。

 

玄米を麹菌で発酵させることで、増加することが確かめられています。

 

 

 

健康診断の結果が気になるという方は、

意識して取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

【参考】

書籍『最新版 認知症 治った!助かった!この方法』(著)安田和人・佐野正行

 

 

 

それでは、今回は玄米の健康パワーを手軽にとれる、

玄米糀(麹/こうじ)を使ったレシピをご紹介します。

 

——————————

 

■玄米醤油麹の万能たれ

 

レシピ写真はこちら↓

https://caregohan.jp/recipe/detail.aspx?id=303

 

 

-材料-

 

・醤油麹:200g

・酒:10cc

・白味噌(米味噌でも可):10g

・練りごま:10g

・生姜(すりおろし):10g

 

 

-作り方-

 

  1. 材料を全て混ぜ合わせてできあがり。

 

★醤油麹の作り方は下記ページをご参照ください。

https://caregohan.jp/recipe/detail.aspx?id=284

 

 

-ポイント-

一般的に多い白米の麹と違い、玄米の麹を使っているので

健康と美容によい成分がたっぷり!味わい深い発酵食品を作ることができます。

塩分が少ない場合、まれにカビが生えることがありますのでご注意ください。

完成後は冷蔵庫で保管してください。

——————————

 

 

 

株式会社玄米酵素 管理栄養士 内糸恵理

 

 

 

 

★食の教育活動を続けて46年!玄米酵素公式ホームページ

http://www.genmaikoso.co.jp/

 

★健康レシピが250種類以上!美容やダイエットなどのテーマ別対策レシピもわかる

自然食レシピサイト『ケアごはん』もご覧ください!

http://caregohan.jp/sickness/

 

★玄米酵素公式Facebookページ

http://www.facebook.com/genmaikosoinc/

 

★玄米酵素公式Instagram(インスタグラム)

https://www.instagram.com/genmaikoso_official/

 

★玄米酵素LINE公式アカウント

https://line.me/R/ti/p/%40rwp1794k

 

 

関連記事

  1. 消化・吸収の仕組みをご紹介します。

  2. 6月1日発行の雑誌『STORY(ストーリィ)』2018年7月…

  3. 大丈夫ですか?熱中症!!!

  4. 栄養素の消化・吸収の仕組みについてご紹介します。

  5. 玄米酵素 管理栄養士の内糸さんからです!

  6. 本当に健康に良い食品は!?