黒ごま玄米甘酒アイス!

一気に暑さが増してきた今日この頃、冷たいものを食べたくなりますよね。

そんな夏に、おやつやデザートに人気な「アイスクリーム」

アイスクリームには「アイスミルク」や「ラクトアイス」など、いくつか種類があるのをご存知でしょうか。



アイスの種類は4つ


アイスの種類は、含まれる乳固形分・乳脂肪分の違いによって大きく4つに分けられます。

1. アイスクリーム:乳固形分15%以上(うち乳脂肪分8%以上)
2. アイスミルク:乳固形分10%以上(うち乳脂肪分3%以上)
3. ラクトアイス:乳固形分3%以上(乳脂肪分の規定なし)
4. 氷菓:上記以外のもの

上記のうち、1~3は「乳及び乳製品等の成分規格に関する省令(乳等省令)」によってアイスクリーム類に分類されます。

一方、4はアイスクリーム類ではなく、「食品、添加物等の規格基準」によって「氷菓」と定められています。

表)アイス4種類の違い




アイスの種類・それぞれの特徴


アイスクリーム
4つの中でも乳固形分と乳脂肪分がいちばん多く、コクのある味わいを楽しむことができます。素材重視のものが多いため、他の種類に比べるとやや値段の高いものが多いです。

アイスミルク
アイスクリームに比べて乳固形分と乳脂肪が少なく、ややあっさり。植物性脂肪が使われていることもあります。

ラクトアイス
乳脂肪分の規格はなく、植物性脂肪が多く使われています。比較的値段の安いものが多いです。

氷菓
果汁などを凍らせた、シャーベットやかき氷、アイスキャンディーなど。比較的低カロリーなものが多く、冷たさを感じやすいのが特徴です。最近では、乳製品を使わず、豆乳を使ったヘルシーなアイスも市販されています。



アイスには賞味期限がない?


実はアイスクリーム類や氷菓は、賞味期限の表示を省略することができます。通常-18℃以下で保存されるため、長期間の保存でも品質が劣化しにくいためです。

だたし、家庭で保存する場合は冷凍庫の使用状況によって品質変化が起こることもあるため、美味しく食べるためには早めに消費しましょう。



原材料表示もチェック!


アイスは乳製品や糖類などの基本材料のほかに、さまざまな食品添加物が使われていることが多いのをご存知でしょうか。

室温でも溶けにくく、型崩れしにくく、さらに口に入れると溶けやすく…。それらを実現するために、乳化剤や安定剤が使われます。さらに、酸味料や香料、キレイな色を出すために合成着色料が使われていることも。

気になる方は「手首の運動」で商品を裏返して、その食品の素材などが書いてあるラベルを見てみましょう。馴染みのない言葉やカタカナ語の多くは、添加物といわれるものです。

安心安全なアイスを食べたい方は、おうちでアイスを手作りするのもいいですね。混ぜて冷やし固めるだけの簡単レシピも多いので、お子様と一緒に楽しく作れますよ♪




それでは、今回のレシピをご紹介します。


黒ごま玄米甘酒アイス




材料(4人分)-

  • 玄米甘酒:200cc
  • 豆乳(濃さ11%以上の無調整豆乳がおすすめ):100cc
  • 塩麹:小さじ1
  • 黒練りごま:大さじ2


作り方-

  1. すべての材料をミキサーにかけ、容器に移し冷蔵庫で冷やします。


ポイント-

混ぜて冷やすだけの簡単レシピ。一晩以上凍らせるとしっかり固まります。
お好みでクッキーなどを添えるとgood♪

材料に玄米酵素を加えたりトッピングすると、健康力がアップします。

玄米甘酒、塩麹の作り方は下記ページをご参照ください。
★「玄米麹甘酒」のレシピ
★「塩麹」のレシピ

関連記事

  1. 食事を通じて適切な栄養を与える「内ケア」!

  2. ダイエットのコツ!

  3. 腸を健康に保って、おうち生活を元気に過ごしていきましょう!

  4. ビタミンDをしっかりとって免疫力UP!

  5. 心と体のバランスを崩してはいませんか?

  6. 目の健康について見直してみましょう!